文章力強化 担当者編(添削付)

読み手(お客様・上司などすべてのステークホルダー)を意識した文章力を身につけ、ビジネスシーン(報告書、議事録、意見文など)でのコミュニケーションへの活用を学びます。講座受講後のフォローとして受講者の個別添削を行います

達成目標

  • 担当者として、ビジネスシーンで必要な文書が書ける【上司向け報告書・議事録】
  • 読み手が求める文章(=読み手の意図に沿った文章)によるコミュニケーションを図ることができる
  • 伝えるべき情報を、分かりやすく誤解を与えない文章で表現できる
  • 日常の報告書やメール、試験(小論文)などで求められる意見文に、文章表現を活用することができる

カリキュラム

#
午前午後
    • 事前課題(30分程度で実施)あり
    • 研修の3週前をめどに展開する → 研修5日前までに提出(講師チェック)
1日目
午前午後
  • 1オリエンテンーション
  • 2ビジネス文書の基本
    • 【演習】電子メール作成
  • 3文書を書くプロセス①
    • 【事前課題リライト】
    • トピックの整理
    • 発想法(マインドマップ)を活用する
    • 読み手の分析
    • 期待する読み手の反応を明らかにする
  • 4文書を書くプロセス②
    • 【事前課題リライト】
    • アウトラインの作成
  • 5文書を書くプロセス③
    • 【事前課題リライト】
    • 文章の作成  グループで相互評価
  • 6まとめ
    • 添削スケジュールの案内
    • ※研修終了後に2-5回の添削あり(希望)
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:7 演習:3
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

金融系 システム会社様

満足度
  • 「メール文章の書き方がとても参考になった。特に、事前に『どのような目的でメールを送るのか』や『相手にどんなアクションをして欲しいか』を明確にすれば、自然と的を得た文章が書けることが学べた。」

  • 「今まで漢字とひらがなの使い分けの理由やトピックセンテンスの意味がわかっていなかったので、今回のセミナーで非常に納得できた。今後の文書作成におおいに役立てていきたい。」

  • 「そもそも文章がコミュニケーションのツールであり、相手ありきの行為であるということを実感できた。これから書く文章が変わっていく気がする。」

業種・職種

金融系 システム運用会社様

満足度
  • 「普段からテンプレート化された文書作成や、決まったメンバしかメールをやり取りしていない私にとって、今回の文章の書き方やメールの送り方は目からウロコなことが多かったです。ありがとうございました!」

  • 「ハウツーのみならず、わかりやすい文章や、漢字の意味から言葉の意味を理解することなど、文章そのものの理解を深める知識を教えてくださり、文章を書くことへの興味を喚起されました。」