徹底理解 データベース基礎

データベースを言葉の理解ではなく、ビジネスシステムの核となる技術として習得できるよう、システム開発演習のサンプルを用いて実際のデータベースの利用と役割、機能を説明します。

達成目標

  • 実装に必要なDBMSの機能(トランザクション制御、テーブル管理など)を理解する。ただし、DBMS製品には依存しない。
  • テーブルを第3正規形にすることができ、インデックス付与などのテーブル設計ができる。
  • ERモデルを理解することができる。
  • 顧客との会話ができるように教養として用語を知っている。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1サンプルデータベースの説明
    • サンプルとなるデータベース(システム開発演習のケース)の実行とテーブル構成、データベースエンジンの説明
    • RDBの特徴
  • 2DBMSの働き
    • DBMSの機能と今後の動向
    • トランザクション制御
    • 同時実行制御
    • 障害回復
    • 分散データベース
  • 3RDBを理解する
    • 関係モデルの基礎知識と関係演算
    • 表、行、列、主キー、候補キー など
  • 4データの正規化
    • 第1~3正規形
  • 5概念データモデリング
    • E-R図の読み方
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:8 演習:2
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

独立系 システム会社様

満足度
  • 「今回個人的に最も学べたことは、第三正規形の作成です。現実のデータをいかにして扱いやすくしていくかという観点でとても重要な技術であると認識できました。」

  • 「データベースについて、メリットやなぜ必要なのかなど深く理解することができた。」

業種・職種

ユーザー系 システム会社様

満足度
  • 「データベースがいかに重要でどのように利用されるのかを銀行の口座振り込みの仕組みに例えてチームでディベートしたことで理解を深めることができました。」

  • 「これまで一人で学習していて、『これはこういうものだ』と無理やり暗記していた部分があった。今回のセミナーでは、目的や仕組みなどのポイントを押さえながら解説していただいたので、理解して覚えることができたと思う。」

  • 「データベースとSQLに関しては、知識としてはあったものの、実際ここまでしっかりと触れたのは初めてだったので、実際の動きが理解したことは大きな収穫でした。」