プロジェクトマネージャ育成 ベーシック編

プロジェクトマネージャとして知るべき基礎知識を確認し、それらの実践的適用方法の基礎を学びます。また個々人の知識を、ケーススタディを通して実践的な能力に転換するとともに、受講者相互の経験を共有します。これらによってプロジェクト管理のスキルが向上するとともに、経験を共有することで、適正なプロジェクト運営が期待できます。さらにプロジェクト管理のメリットを知ることで、技術者自らの管理意欲を向上させます。

達成目標

  • プロジェクト管理の基本概念を習得することで、プロジェクト管理のスキルが向上する。
  • プロジェクト管理の経験を共有することで、適正なプロジェクト運営が期待できる。
  • プロジェクト管理のメリットを知ることで、技術者自らの管理意欲が向上する。

研修期間

12日

研修人数

25人

受講対象者

リーダー、

マネージャー

講義・演習のバランス

講義:6 演習:4

カリキュラム

1日目

午前

1.オリエンテーション

2.プロジェクトマネジメント知識体系

午後

3.チーム分割と能力棚卸試験

これまでのプロジェクト経験アンケート

現状のPM知識確認テスト

チームビルディング

4.次回以降の研修の進め方

2日目

午前

1.プロジェクト計画Ⅰ(タイムマネジメント)

全般的知識

午後

各種管理技法の講義と演習

3日目

午前

1.プロジェクト計画Ⅱ(タイムマネジメント)

スケジュール計画、リスク管理

午後

各種管理技法の講義と演習

4日目

午前

1.プロジェクト計画Ⅲ(コストマネジメント)

見積技法、スコープ管理

午後

各種管理技法の講義と演習

5日目

午前

1.プロジェクト実行管理Ⅰ(タイムマネジメント)

進捗管理

午後

各種管理技法の講義と演習

6日目

午前

1.プロジェクト実行管理Ⅱ(人的資源マネジメント)

組織要員管理

午後

各種管理技法の講義と演習

7日目

午前

1.プロジェクト実行管理Ⅲ(品質マネジメント)

品質管理

午後

各種管理技法の講義と演習

8日目

午前

1.プロジェクト実行管理Ⅳ(統合マネジメント)

変更管理、品質管理

午後

各種管理技法の講義と演習

9日目

午前

1.プロジェクト実行管理Ⅴ(統合マネジメント)

協力会社管理

午後

各種管理技法の講義と演習

10日目

午前

1.プロジェクト完了評価

完了報告書の項目とポイント

午後

完了報告書作成演習

次プロジェクトへの展開方法

11-12日目

午前

1.総合ケーススタディ

プロジェクト計画、プロジェクト実行管理

午後

2.チーム発表と講師フィードバック

3.まとめ

実績・受講者の声

金融系 システム会社様

満足度

「話のテンポが軽快で、かつ内容がおもしろくて惹きつけられた。様々なビジネス事例が出てきていて記憶に残りやすい。」

「PMは自分で作業するわけでなく、”人に作業をしてもらう”ための計画を作るという考え方が身に付きました。」

金融系 システム会社様 

満足度

「IT業界の現状をふまえての話が多く、興味をもって研修を受けることができました。また当社のことをある程度知って話をされているので、現実的で参考なることが多かった。」

「プロジェクトを開始するうえで、計画時に行うべき重要な項目(スコープ定義等)が肝心であるということ、今後は留意したい。」

「現実にもよく起こるようなシステム開発プロジェクトのケーススタディを通じて、スケジュール検討の具体的な進め方、考え方が体感でき、非常に良かったです。」