ネットワーク設計 基礎編

Ethernet、無線LAN、TCP/IPの知識を整理・習得し、小規模なネットワークシステムの設計を、実習を交えながらマスターします。総合演習では、拠点ネットワーク(LAN)の設計を体験します。

達成目標

  • ネットワーク設計のステップを理解し、実践できる。
  • ネットワーク設計に必要となる、基礎的なEthernet、無線LAN、TCP/IPに関する知識と技術を習得できる。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1通信の基礎知識
    • 現在のネットワークシステムの特徴
  • 2ネットワーク設計の手順
  • 3通信プロトコルの基礎知識
  • 4 LANの基礎
    • Ethernetの仕組み
    • 無線LANの仕組み
    • ネットワーク機器の仕組み
  • 5LAN設計のポイント①
    • トラフックを考慮する
  • 6LAN設計小演習
    • 【演習】部分的なLAN設計
2日目
午前午後
  • 1LAN設計のポイント②
    • 信頼性を考慮する
  • 2TCP/IPの基礎
    • IPの仕組み
    • IPアドレスの仕組み
    • IPルーティングの仕組み
    • TCPの仕組み
  • 3 総合演習
    • 製造販売業者のネットワーク設計
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:6 演習:4
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

通信系 システム会社様

満足度
  • 「ネットワーク(社内LAN)を与えられた条件で設計する演習は未経験で勉強になった。特にカタログから機器の選定まで演習できたことは、読み方のポイントを知る事ができてよかった。」

  • 「実務におけるネットワーク設計の手法を具体的にお話しして頂けて、とても興味を持って受講できました。」

  • 「今まで全く理解できていなかったことが、仕組みから分かるようになり、とても有意義でした。説明の方法や例が適切で分かり易かったと感じています。」