システム開発演習

情報システムの上流から下流まで一連のウォーターフォールモデルのソフトウェア開発プロジェクトを体験する演習です。

達成目標

  • システム開発の一連の流れを体験し、各工程の理解を深める。
  • これまで学んだ知識と技術を使い、実際に稼働するシステムを完成させる。
  • チーム開発の経験を通じて、システム開発に必要なチームワークとコミュニケーションを実践できる。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1開発演習の進め方
    • システムの概要
    • チーム役割の決定
  • 2プロジェクト計画立案
    • システム開発の計画を作成
    • 講師レビュー
  • 3要件定義
    • RFPの読み方
    • RFP読込み
2日目
午前午後
  • 1要件定義
    • 顧客ヒアリング
  • 2要件定義
    • 要件定義書作成
  • 3要件定義書レビュー
    • 講師に要件定義書のレビューを受ける
3日目
午前午後
  • 1要件定義
    • 顧客ヒアリングをもとに要件定義書作成
  • 2要件定義書レビュー
    • 講師に要件定義書のレビューを受ける
4日目
午前午後
  • 1基本設計
    • 講師に基本設計書のレビューを受ける
  • 2基本設計
    • 要件定義書をもとに基本設計書を作成する
5日目
午前午後
  • 1基本設計レビュー
    • 要件定義書をもとに基本設計書を作成する
  • 2基本設計
    • 要件定義書をもとに基本設計書を作成する
6日目
午前午後
  • 1基本設計レビュー
    • 要件定義書をもとに基本設計書を作成する
  • 2詳細設計
    • 基本設計書をもとに詳細設計書を作成する
7日目
午前午後
  • 1詳細設計
    • 基本設計書をもとに詳細設計書を作成する
  • 2詳細設計レビュー
    • 講師に詳細設計書のレビューを受ける
8日目
午前午後
  • 1実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
  • 2実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
9日目
午前午後
  • 1実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
  • 2実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
10日目
午前午後
  • 1実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
  • 2実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
11日目
午前午後
  • 1実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
  • 2実装
    • 詳細設計書をもとにプログラミングを行う
12日目
午前午後
  • 1単体テストケース作成
    • 詳細設計書をもとに単体テストケースを作成する
  • 2単体テストケースレビュー
    • 講師に単体テストケースのレビューを受ける
13日目
午前午後
  • 1単体テスト
    • 単体テストケースをもとにテストを行い、結果を記録する
  • 2単体テスト
    • 単体テストケースをもとにテストを行い、結果を記録する
14日目
午前午後
  • 1結合テストケース作成
    • 基本設計書にもとに結合テストケースを作成する
  • 2結合テスト/納品
    • 結合テストケースをもとにテストを行い、結果を記録する
    • 納品する
15日目
午前午後
  • 1開発演習の振り返り
    • 工程振り返り
    • チーム振り返り
    • 発表資料作成
    • 発表と講師フィードバック
研修人数
30人
講義・演習のバランス
講:1 演習:9
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

独立系 システム会社様

満足度
  • 「みずからが考えたスケジュールに沿って実践していくことはとても難しいものでしたが、みんなでシステムを作り上げられたのは得がたい経験となりました。」

  • 「チームで開発すること、報・連・相を実際に行なうことの難しさを実感しました。反省すべき点が多く見つけられることができたのが一番の収穫です。」

  • 「チームとして成果物をあげることの難しさを実感しました。開発技術だけではない、情報共有や進捗管理の手法を活用できるようにすることが必要だと学びました。」

業種・職種

独立系 システム会社様

満足度
  • 「4ヶ月の新人研修の中で、一番苦労しました。詳細設計書の作成に関しては、文章の書き方にとても苦労しました。また、メンバーと仕様の確認が正確に行えていないことにより、前の工程に戻らなければならないことも多々ありました。しかし、苦労した分、多くのことを学べてとても満足しています。」

  • 「学生時代のように正しくシステムが動作すればよいというだけではなく、商用システムとしてお客様からお金をいただくために、品質の証拠や記録を残す、また第三者でも誤解がない文章を作成する点でとても苦労した。この開発体験はエンジニアとして働くうえでとても良い経験になりました。」

  • 「勘による工数の見積もりが、いかに信用できないかを学びました。新たな作業が発生するたびに「何分かかります」とチームリーダーに報告ていたのですが、自分で見積もった時間通りに終わることは稀でした。ただ、今回の経験で実績をためられたので、それをもとに現場では工数を見積り、先輩に迷惑をかけないようにします。」