インターンシップ システム構築上流工程体験

学生サイドの期待を満たすための講義と、システム構築の上流工程体験を通し、貴社への興味を深めるプログラムです。研修の形式を取りますが、体験中に講師はファシリテーティブな振る舞いで、貴社先輩社員と参加者が一緒になって演習に取り組めるように促し、現場のイメージ(インターンシップへの参加)を高めます。なお、研修を通しての参加者の評価(意欲やポテンシャルなど)が可能です。

達成目標

  • 参加者がシステム構築の上流工程のポイントが何かを説明できる。
  • ビジネスパーソンとして必要となる要素を挙げることができる。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1オリエンテーション
  • 2IT業界の仕事
    • システムインテグレータの仕事
    • 業種業態
  • 3情報システムとは、SEとは
  • 4システム開発ライフサイクル
  • 5システム開発のステークホルダー
  • 6システム開発の用語
  • 7プロジェクトとは
  • 8ケーススタディ
    • ある企業のシステム開発 RFP確認
2日目
午前午後
  • 1要件定義の位置付けと成果物
  • 2要求と要件
  • 3様々な要件
  • 4要件定義技法
  • 5要件定義のプロセス
  • 6ケーススタディ(続き)
    • プロジェクトチーム発足
    • 顧客にヒアリング
3-4日目
午前午後
    • ケーススタディ(続き)
    • ケーススタディ(続き)
    • ※ 先輩社員が途中のレビューに入る
5日目
午前午後
    • ケーススタディ(続き)
    • ケーススタディ(続き)
  • 1発表
  • 2振返りと質疑応答
研修人数
20人
講義・演習のバランス
講義:3 演習:7
受講対象者