アジャイル開発プロジェクト演習

新人向けの、スクラムによるアジャイル型システム開発演習です。書籍やWebサイトでも可能な用語の理解ではなく、チームによるシステム開発演習を通して、アジャイル開発への理解を深めます。
ともすれば、開発思想に偏りがちなアジャイル教育ですが、ウォーターフォールモデルとアジャイルのどちらが良いかという視点ではなく、ウォーターフォールモデルとアジャイルは相反するものではないという視点を持てるように育成します。

達成目標

  • アジャイル開発の体験を通して、アジャイル開発の考え方や用語を説明できる
  • ウォーターフォールモデルとアジャイル、それぞれの開発プロセスの違いについて、メリット・ デメリットを交えて説明できる
  • スクラムによるチーム開発で、一定の成果を上げるにはどのように進めれば良いかを理解し、実践できる

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1アジャイル開発の基礎知識
    • アジャイル開発とは
    • アジャイルマニュフェスト
    • スクラムによる開発
  • 2アジャイル開発体験
    • スクラム体験
2日目
午前午後
  • 1アジャイル開発プロジェクトキックオフ
    • チームビルディング
    • プロダクトバックログ
  • 2スプリント#1
    • スプリントプランニング
3日目
午前午後
  • 1スプリント#1
    • デイリースクラム
    • 開発作業
    • 開発作業
4日目
午前午後
  • 1スプリント#1
    • 開発作業
    • スプリントレビュー
    • スプリントプロスペクティブ
5日目
午前午後
  • 1スプリント#2
    • スプリントプランニング
    • デイリースクラム
    • 開発作業
6日目
午前午後
  • 1スプリント#2
    • デイリースクラム
    • 開発作業
    • 開発作業
7日目
午前午後
  • 1スプリント#2
    • デイリースクラム
    • 開発作業
    • スプリントレビュー
    • スプリントプロスペクティブ
8日目
午前午後
  • 1スプリント#3
    • スプリントプランニング
    • デイリースクラム
    • 開発作業
9日目
午前午後
  • 1スプリント#3
    • デイリースクラム
    • 開発作業
    • 開発作業
10日目
午前午後
  • 1スプリント#3
    • デイリースクラム
    • 開発作業
    • スプリントレビュー
    • スプリントプロスペクティブ
11日目
午前午後
  • 1振返りと成果報告
    • 開発プロジェクトの振返り
  • 2レビュー会と成果報告
研修人数
30人
講義・演習のバランス
講:1 演習:9
受講対象者