午後Ⅱ論文対策

論文系高度試験に初挑戦の方や、何度も挑戦したがB判定止まりの方を対象に、試験で合格できる論文の構成や書き方のコツを掴んでいただく対策研修です。午後Ⅱ対策に特化して、論文の骨子作りからはじめ、設問にあった論文の設計・作成について、全試験(AU、ST、PM、SA、SM)を対象に講師がフォローいたします。作成した論文は講師が個別に確認し、合格に近づくためのアドバイスをお伝えします。

達成目標

  • 合格できる論文とはどのようなものか理解している。
  • 論文を設計して書くことができる。

カリキュラム

#
午前午後
    • 事前課題: 参考書配布/指定箇所の予習
1日目
午前午後
  • 1ガイダンス
    • 試験の概要と変更点の確認
    • 出題傾向と合格に必要なポイント
  • 2論文の骨子を作る
    • 論文に何を書くべきか考える
    • 骨子作り
  • 3論文作成
    • 個人指導
#
午前午後
    • インターバル課題: 午後Ⅱ論文作成演習(自己採点のうえ、2日目に持参)
2日目
午前午後
  • 1参加者の傾向(課題で作成した論文をもとに)
    • 不足点と不要点
    • 合格論文に近づけるために
  • 2論文作成
    • 合格論文に必要な知識、表現方法
    • 論文
    • 個人指導と再作成
#
午前午後
    • 事後課題: 午後Ⅱ論文作成演習(指定日までに提出 → 講師添削のうえ返却)
研修人数
20人
講義・演習のバランス
講義:6 演習:4
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

メーカー系 システム会社様

満足度
  • 「論文を書く上で、自分自身に足りていないところがわかり、大変勉強になりました。実際の試験は来年度以降になるため、それまでに少しずつ準備していきたいと思います。」

  • 「まったく新しい視点で論文について学ぶことができました。」