プロジェクトマネージャ

情報処理技術者プロジェクトマネージャ(以下、PM)試験の合格を目指す対策研修です。豊富な演習と講師によるポイントを抑えた指導によって、受講者にとって効率の良い学習機会を提供します。

達成目標

  • 試験内容を理解したうえで、各自の学習計画を立案し、計画的に準備学習を行い、自己研鑽体制を整えることができる。
  • 試験に出題される要素技術に関連する知識を理解できる。
  • 午後記述式・論述式問題の的確な読み方、解答の導き方、解答の作成方法を習得できる。

カリキュラム

#
午前午後
    • 事前課題: 参考書配布/指定箇所の予習/午前過去問題演習(1日目に持参)
1日目
午前午後
  • 1試験の概要
    • 出題傾向と合格のポイント
  • 2事前課題の回収とフィードバック
  • 3午後Ⅰ解法テクニック
    • 文章作成方法と表現方法
  • 4頻出要素技術の解説
    • PMBOKの各種技法(EVMなど)
  • 5記述式問題演習
    • 午後Ⅰ過去問題演習
    • 質疑応答
#
午前午後
    • インターバル課題: 午後Ⅰ過去問題演習(自己採点のうえ、2日目に持参)
2日目
午前午後
  • 1インターバル課題の回収とポイントの解説
  • 2論述式問題の取り組み方
    • 合格論文の条件、作成手順
    • 論文のアウトライン作成方法
  • 3論述式問題演習
    • 論文のアウトライン作成演習
    • 作成したアウトラインの講評と検討
#
午前午後
    • インターバル課題: 午後Ⅱ論文作成(3日目に持参)
3日目
午前午後
  • 1インターバル課題の回収
  • 2論述式問題演習
    • 論文作成(午後Ⅱ過去問題)
    • 個人指導と再作成
    • 論述式問題演習(つづき)
    • 論文作成(午後Ⅱ過去問題)
    • 個人指導と再作成
  • 3まとめ
#
午前午後
    • 事後課題: 午後Ⅰ・Ⅱ過去問題演習(指定日までに提出 → 講師添削のうえ返却)
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:6 演習:4
受講対象者