ネットワーク基礎 トラブルシューティング編

運用エンジニアとして、ネットワークトラブルの原因究明するうえで必要となるIPのしくみを講義と豊富な実習を通して学ぶセミナーです。高度なSWハブの機能や無線によるLAN接続でワンランク上のLANの仕組みを演習と実習を通して学習します。さらにIPアドレスやルーティング、デフォルトゲートウェイなどのしくみを理解して、最後のグループ演習でトラブルシューティングを行います。運用エンジニアとしてトラブルの切り分けやシューティングを身につけたい方は、ぜひご参加ください。

達成目標

  • IPアドレスの構造を説明できる。
  • IPネットワークの構成を考えることができる(IPアドレスの分割)。
  • TCP/IPネットワークのトラブルを、手順に従って検査できる(トラブルシューティング)。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1ウォーミングアップ
    • 最近の運用トラブル
  • 2高度なスイッチの機能
    • 【演習①】LANのトラブル演習
    • 【演習②】LANの設計問題
    • 【実習①】無線LAN(ブリッジ接続)の設定
  • 3TCP/IPと様々なサービス
    • IP電話 など
  • 4IPアドレスとは
    • 【実習②】ARP
    • 【実習③】DHCP(IPアドレスの自動設定)
  • 5ルーティング
    • 【演習③】IPアドレスの設定
  • 6ターミナルの使用方法
    • 【実習④】IPアドレスの設定
  • 7IPv6とは
  • 8NATのとは
    • 【実習⑤】NATの設定確認
    • 【演習④】送信先と送信元
  • 9TCP/IPのトラブルシューティング
    • 【演習⑤】総合トラブル演習
研修人数
20人
講義・演習のバランス
講義:5 演習:5
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

独立系 システム運用会社様

満足度
  • 「トラブルシューティングの時の考え方。『今何ができて、何ができないのか』ということを一つずつ考えて見ていけばいい、ということを学んだ。」

  • 「LANの接続について、実機をもって学べたので、とても理解できました。トラブル対応の実機シミュレーションは、業務でも役に立つ知識でした。」

  • 「実際にネットワークでトラブルが起きた時の対応(ランプの確認等)を行うことで、どういったところから調査すれば良いのかが理解できた。」