ケースで学ぶ実践PM(仕様変更編)

PMBOKの知識エリアの「統合マネジメント」にフォーカスをあて、プロジェクトにおける全ての局面において、プロジェクトを確実に成功させるための全般的マネジメントに関する知識・能力の向上を図ります。また、プロジェクトで発生する仕様変更等について、交渉を含めたマネジメントを、実践的なケーススタディを通して学びます。

達成目標

  • プロジェクトマネジメントに関する基本概念を習得する。
  • プロジェクトマネジメントの経験を共有することで、プロジェクト運営に関する具体的な気付きやヒントを得る。
  • プロジェクトの仕様変更に関するケーススタディを通して疑似体験を行い、仕様変更への適切な対応を理解する。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1オリエンテーション
  • 2プロジェクトマネジメントとは
    • プロジェクトマネジメントの重要性
  • 3プロジェクトマネジメント技法の推移
    • ソフトウェア開発プロセスによるプロジェクトマネジメントの違い
    • テクノロジ環境によるプロジェクトマネジメントの違い
  • 4仕様変更のマネジメント
  • 5仕様変更とは
  • 6仕様変更を低減する
    • 仕様変更のセオリー
    • 仕様変更の混乱防止策
  • 7仕様変更を受け付ける
    • 仕様変更依頼内容の検討
  • 8仕様変更について交渉する
    • 仕様変更の交渉
  • 9仕様変更の実施
    • 仕様変更を適切に実施するために
2日目
午前午後
  • 1ケーススタディ
    • プロジェクトでの仕様変更
  • 2ケーススタディの発表
    • 講師によるフォロー
  • 3まとめと振り返り
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:5 演習:5
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

金融系 システム会社様

満足度
  • 「ケーススタディは実際に起こりうる事とテーマに話し合う事が出来、とても参考になりました。自分の意見が他の人と違っている事も多く、『思い込み』で判断すると偏っている事があるリスクも痛感しました」

  • 「プロジェクト管理の要素と円滑に進めるための方法、仕様変更におけるセオリーを学ぶことができた」

  • 「仕様変更の要求を受けるにあたり、PMとして立ち振る舞うべき行動について学習する事ができた」