ケースで学ぶ実践PM(リスクマネジメント編)

プロジェクトにおけるリスクの識別、分析、評価、対応、およびコントロールといったリスクマネジメントプロセス全般について、講義と豊富な事例をもとに学習します。

達成目標

  • どのリスクが、最もプロジェクト目標に影響を与えるかを特定することができる。
  • リスクの脅威を減少させるための手順と技法を習得できる。
  • プロジェクトライフサイクルを通して、リスクを監視し、新たなリスクを識別し、実行コントロールするための考え方と技法を習得する。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1リスクマネジメントとは
    • リスクマネジメントプロセスとサイクル
  • 2リスクの識別
    • リスク識別のツールと技法
  • 3定性的リスク分析
    • 定性的リスク分析の技法
    • リスク等級マトリックス
  • 4定量的リスク分析
    • 定量的リスク分析の技法
    • コストシミュレーション
2日目
午前午後
  • 1リスクの評価
    • リスクのポートフォリオ分析
    • 【演習】リスク評価分析
  • 2リスク対応計画
    • リスク計画の技法
    • リスクマネジメントシート
    • リスク戦略を計画する
    • 【演習】リスクマネジメントシート作成
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:6 演習:4
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

通信系 システム会社様

満足度
  • 「自分の抱えているPJに当てはめて考えると参考になる話が多かった。あまりマネジメントできていないこともわかった。」

  • 「演習が現場に近いテーマで楽しく学べました。」

  • 「リスクに対する整理された対応方法を理解できた。」

業種・職種

クレジットカード会社 システム部門様

満足度
  • 「PJ計画段階の重要性を認識できた。今回学んだことを活かして、案件ごとの特性をきちんと見極めて計画立案していきたい。」

  • 「ケーススタディと講義のバランス、そのつながりが良く、システム開発の現場で考えるべくリスクを実践的に学べた。」

  • 「リスクは何か、リスクに対する考え方は、理論、構造的に理解できてよかったです。実務に活かせると思います。」