選ばれ続ける
理由

内定辞退者を
出さない仕組み

内定者向けの各種イベントを通して、内定者同士、内定者と貴社の「関係構築」をサポートします。

みずから学ぶ
姿勢を醸成する

内定者の成長意欲に応える「成長を意識でき、学習意欲を促進する」研修と自主学習体制を整えます。

基本情報技術者試験
の高い合格率

文系出身の初学者でも合格に導く情報処理技術者試験の対策指導とサポートを行います。

育成/採用部門
との好連携

貴社の育成/採用部門をフォローするオリジナルプログラムを作成し、採用から入社まで一貫性のある教育を実現します。
内定者教育を終えた入社時の新入社員の姿
  • 基本情報技術者合格(または合格相当の知識習得)
  • ビジネスパーソンとしてのマインドを持つ
  • 入社後の活躍する自分の姿を描ける
ここがポイント!!
“やりたい教育”を実現させるための5つの仕掛け
POINT
1
オリジナル
内定者の育成目標や入社時の理想像、育成予算、貴社のリソースにあわせたオリジナルプログラムを立案します。
POINT
2
仕組み
研修や教材だけの提供ではなく、内定式で貴社担当者が発信するメッセージの提供、貴社担当者の想いや願いを講師からも発信するなど、貴社と一体になって内定者を育成する仕組みを提供します。
POINT
3
コントロール
e-Learningのような学習進捗のコントロールではなく、あえて手間のかかるメールのやりとりを通して分野別課題を解いてもらい、内定者の学習成果をコントロールします。
POINT
4
PDCA
内定段階から計画立案と振返りを徹底し、内定者の学びのPDCAサイクルを実現します。
POINT
5
サポート
貴社担当者に必要な情報(意識付けのネタ、推奨書籍、質問対応、成績表など)を適切なタイミングで提供し、内定者向けの相談窓口を設け、貴社に最適なサポートを行います。

研修実績

2016年実績(2017入社) 担当期間 2017年内定者数 内容
A社 17年連続 8ヶ月 274名 SE仕事理解、情報処理技術者試験対策、ビジネスマナー
B社 13年連続 8ヶ月 17名 ITプロフェッショナルの道、情報処理技術者試験対策、Javaプログラミング
C社 3年連続7回目 10ヶ月 36名 ビジネスマインド、ビジネスマナー、情報処理技術者試験対策、Windows Office(Excel)、論理トレーニング
D社 5年連続 8ヶ月 31名 情報処理技術者試験対策
E社 4年連続 8ヶ月 52名 情報処理技術者試験対策、論理トレーニング
F社 3年連続 7ヶ月 20名 ビジネスマインド、情報処理技術者試験対策、Windows Office(Excel)、論理トレーニング
G社 3年連続 7ヶ月 8名 ビジネスマインド、情報処理技術者試験対策、Windows Office(Excel)、論理トレーニング