考える力育成

徹底的に考え抜くという経験を通して、考える力を育成/強化するための研修です。考えることで、何がどのように変わるのかの体験を得ることで、その後の研修ならびに実務で『考える』習慣が身に付くようにします。

達成目標

  • 考えるための技法を用い、自らの考えを発展強化させることができる。
  • 物事の判断結果について、考え抜いた説得力のある説明ができる。
  • 何事においても「考える習慣」を身に付けることができる。

カリキュラム

1日目
午前午後
  • 1オリエンテーション
  • 2日本のビジネス環境
  • 3デジタルネイティブ
  • 4考えることとは
    • 論理的、網羅的に考える
  • 5演習①
    • 富士山に登る方法
  • 6考えるためには
  • 7論理的に考えるために
    • ロジカルシンキングなど
  • 8演習②
    • 個人で考え、チームで考える → 講師フィードバック
2日目
午前午後
  • 11日目の振返り
  • 2総合ケース演習
    • チームで考え、クライアント向けに説明する → 講師フィードバック
    • 講師フィードバック
    • クラス発表
  • 3まとめ
研修人数
25人
講義・演習のバランス
講義:5 演習:5
受講対象者

実績・受講者の声

業種・職種

ユーザー系 システム会社様

満足度
  • 「私は、学生時より考える行為はずっと行ってきたと思っていました。しかし、あまりに便利になった世の中で、自分が実は経験則や知識として「知っている」行為を重ねているに過ぎなかったと知ることができました」

  • 「『思いつき』と『ひらめき』の違いや、考えるとは何か、と改めて問い直すことで、考え続けることの重要さを実感した」

  • 「自分の頭で批判的に「これは本当に正しいのか?」を以前よりも意識できるようになった」

業種・職種

メーカー系 システム会社様

満足度
  • 「普段考えていたと思っていたことは、実はひらめきや記憶からの思い付きであると感じた。」

  • 「1つのものごとに対して深く考えることがなかったため、脳にたくさん汗をかくことができた。思いつきで進めると、まとまりが無くなることがわかった。思いつきと考えることの違いを区別すよう心掛けたい。」

  • 「なぜ?なに?をつきつめていけば、説明に説得力が生まれることが分かった。これからも続けていこうと思う。」